「中小企業の海外展開」セミナー

だいぶ更新をせずにおりましたが、先日、(社)中小企業診断協会主催の中小企業診断士政策理論研修セミナーにて、「中小企業の海外展開」をテーマにセミナーを行いました。

参加者は、全員、中小企業診断士のみなさんで、二百人以上の聴衆…。
中小企業診断士の資格継続要件の一つとして、毎年1回、同様のセミナーを受講することが義務付けられているのです (あるいは論文審査という選択肢もありますが)。
本セミナーでは、少子高齢化、国内マーケットの縮小、中間所得者層の生活劣化などの現状を踏まえ、「中小企業こそ海外へ出よ!」という政策転換の背景説明や、中小企業が海外展開を果たすためにどのような支援手順、ノウハウが必要かという実践的なポイントの解説、政府の支援策解説を行いました。

参加者は全員、中小企業診断士。とはいっても、独立して中小企業に対する経営コンサルティングを行っている人は一部。多くは、大企業にお勤めの方、中小企業経営者・スタッフ、金融機関関係者、中小企業を支援する公的機関職員などです。

セミナーの途中で、二百数十名の参加者の方に、現在携わっている業務および関連企業の業務において、国際的な取引(輸出入)・業務や生産委託・直接投資などの国際的な業務に関連している人に手を挙げていただいたところ、7-8割の方が挙手されていました。

また、その中で販路としての欧米、製造拠点としてのアジア・東南アジアとの取引を挙げた方が、かなりいらっしゃいました。中東は十名以下程度、アフリカは皆無でした。(もちろん、恥ずかしくて手を挙げていらっしゃらない方もおられるかと思いますが…)

こうして、幅広い分野の方が集まる場においても、国際化がまったなしに迫ってきているのを感じます。

日時:平成23年7月16日(土) 14:10~15:10
場所:愛知県女性総合センター ウィルあいち
テーマ:「中小企業の海外展開」 中小企業診断士 政策理論研修

カテゴリー: セミナー パーマリンク