外国語による就業規則の作成

なぜ外国語による就業規則の作成が必要なのでしょうか?

常時10人以上の労働者を使用する事業場においては、就業規則を作成し、それをすべての労働者に周知する義務があります。

しかし、日本語の就業規則だけで外国人労働者にその周知を行うのは困難です。就業規則は、最低限外国人が理解できる言語に翻訳する必要があります。

また、文化の違いによるコミュニケーションギャップを克服するためには、服務規律や就業規則の重要な条項については、単に翻訳するだけでなく、外国人がその意味がわかる表現で、場合によってはマンガなどを活用して、解説書を作成する必要があります。

【サービス・メニュー】

  • 就業規則の外国語への翻訳
  • 雇用形態の違う外国人労働者向けの外国語による就業規則の作成
  • 服務規律などの外国語による解説書(マンガを使用することも可能)の作成
  • 外国語による就業規則、服務規律等の説明会の実施

【対応言語】 ポルトガル語、スペイン語、中国語、英語

労務管理サポート事業の全体の内容については、
労務管理サービスの説明パンフレット(PDFファイル)をご覧ください。